kouya-menya.jp

Wikipediaによるとパチンコは、「日本における球を使った一種の遊技」だと説明されています。娯楽として遊ばれることもありますが、より頻繁にギャンブルとしても行われています。

我々について

当サイトでは、日本のカジノ産業従事者や賭け文化にまつわる話を共有し、役に立つ情報を提供します。
pexels-markus-spiske-105470
ブログからの最新

パチンコについて知るべきこと

パチンコとは、玉を弾いて入賞口を狙い、スロット風の画面を回転させるボールゲームです。画面に同じ絵柄が揃えば大当たりとなります。 

勝てば店内で様々な景品と交換できますが、現金に換えることはできません。しかし、賞金と交換できる特殊景品もあり、店の外または最寄りのTOCショップで現金と交換することもできます。 

Wikipediaよると、パチンコの歴史は、1920年代に遡ります。アメリカの「バガテル」を基に作られ、「コリントゲーム」と名付けられた子ども向け玩具が始まりとされています。その後1930年頃に名古屋で大人の娯楽として台頭し、そこから広まっていきました。

カジノで神様に仕える

お客様は神様です」とはその昔に生まれた言葉であり、日本の労働文化における最高レベルの顧客サービスを反映しています。従業員は客を神様のように扱う必要があり、客が暴言を吐いても従業員は我慢しなければならないということを意味します。日本人はまた、尊重、規律、謙虚さ、誠実といった価値観を持つことでも知られています。 

私は先日、東京在住の「健人」というカジノ店員の毎日効率的に働く様子を捉えた映像を視聴したので、ご紹介します。 

早番 

朝、シャワーを浴びるところから健人の1日は始まります。ほとんどの日本人同様、彼も出勤の際はスーツを着用することを好んでいます。興味深いことに、職場で制服に着替える必要があってもそうするのです。 

出勤するとまず、その日のルーティンをこなしていきます。時間通りに出勤した後は、パチンコ台の鍵とモニター用のリモコンを取りに行き、全パチンコ台の点検業務を行います。この作業は開店前に行う必要があり、一台ずつ正常に動くかの確認が必要です。想像できるでしょうか?マルハンの店舗には合計1160台のパチンコ台とスロットマシンがあるんですよ。 

開店時間は10時ですが、好きな台を選ぼうと、店の前には9時前から長い行列ができます。 

彼の会社では朝礼があり、はっきりと大きな声で話す「声だし」の練習が全スタッフによって行われます。パチンコ店の喧噪の中では、大声で話す必要があるのです。 

開店したら、スタッフは挨拶をしながら客を迎えいれますが、ここでもレベルの高い接客が必要です日本において「お客様は常に正しい」という有名な言葉は深い意味を持ちます。 

パチンコ店のホールマネージャーを務める健人は客のサポートを行い、使用後の各台を清潔する必要があります。また、客が出したゴミの回収からトイレ掃除まで彼の仕事です。 

昼の休憩は各スタッフわずか30分ずつしかないため、手早く昼食をとらなければなりません。健人は朝、コンビニでカレー弁当を購入していました。 

また、自分に割り当てられたパソコンをチェックして、引き継ぎや前のシフトからの連絡事項を確認するのも健人の仕事です。後に仕事を引き継ぐスタッフが、対応すべき問題がないか把握しておくためにも、これは重要な業務です。 

また、防犯カメラの映像の確認も行います。このシステムでは、顔認証を介して盗みを働く客を登録できるようです。健人の1日は従業員との飲み会で終わります。飲み会は、職場の仲間をよく知り、職場での絆を深めるために仕事文化の中で重要な部分を占めています。 

最近の投稿

広告

広告

我々について